• facebook
  • twitter
  • line

NEWS

ニュース

TOPICS

2019.2.15

【業界TOPICS】大分の豊後企画集団が関東在住のオーナー様のためにセミナー会を開催

大分市で売買仲介事業を中核に、賃貸仲介事業、賃貸管理事業を行う株式会社豊後企画集団は、1月26日、「第3回関東在住オーナー様セミナー会」を開催した。大分に管理物件を所有する関東在住のオーナーら18名が集まった。

同社代表の佐藤洋さんは、本社を置く大分以外に住んでいるオーナーと、情報や意見交換の機会を持ちたいと考えたことが、このセミナーを開催したきっかけだったと語る。

「大分在住のオーナーさんとは頻繁に会う機会があるものの、関東と大分では気軽に行き来できません。そのため、大分の賃貸市場がどうなっているかわからず、不安に思う方が多いと考えました。その不安を少しでも解消したいと思い企画しました」(佐藤さん)

セミナーの第一部では、大分市の動向と、インターネットでの募集が当たり前になっている中で所有する物件が、入居者に選ばれる部屋になっているかについて話し合われた。続く第二部では、民法改正により、連帯保証人の限度額を決めないと契約が無効になってしまうことなど、オーナーが知っておいた方がいい情報が提供された。

懇親会では、オーナーのリアルな意見が飛び交った。

あるオーナーは、以前、経験をした大変な事態を打ち明けた。

大分の別の管理会社が、投資物件の提案をしてきた。満室稼働をしているという話だったが、実態は、購入して欲しいがゆえに家賃を一定期間半額にし入居率が上がったように見せかける、いわゆるレントロール詐欺の物件だったのだ。

このオーナーは事前にそのことを察しトラブルを免れたが、この経験から管理会社選びの重要性を知ったと話す。豊後企画集団に任せるようになってからは、余計なストレスが減り本当に助かっていると語った。

セミナーの回数を重ねるごとに、参加者は増えており、その都度親交も深まっている。大分の最新情報が得られるとあってオーナーには好評だ。今後は、大阪、福岡でもセミナー開催を考えている。

株式会社豊後企画集団の営業エリアは大分市・別府・日出町で、仲介店舗は8店舗運営。賃貸住宅の管理戸数は、約7,000戸で、入居率は94パーセントを維持しているという。

平成13年からは継続して「大学生が選ぶ大分県人気企業ランキング」の不動産業種で1位を獲得するなど、地域に根付いている。

「単なる仲介会社、管理会社にはなりたくない」というのが佐藤さんのモットー。

大分駅前にある「お部屋ラボ」という店舗は独自のブランドで、カフェを併設し、気軽にお部屋探しのお手伝いや、不動産に関わるお悩み解決につながれる場となっている。

「まずは、豊後企画集団という会社を知っていただくことが重要と考えました」(佐藤さん)

2018年11月1日から、大分市新春日町の市営駄原総合運動公園内の3つの施設でネーミングライツ・パートナー契約を交わした施設の名前に「豊後企画」の名前が付いている。部屋を探す人にも、そうでない人も、広く会社を知ってもらうのが狙いだ。

(Hello News編集部 ささき三枝)

ページトップへ戻る