• facebook
  • twitter
  • line

BLOG

ブログ

2018.9.21

失われた20年に生まれた女子のベトナム・ダナン生活<11>

AIKO

AIKO

このエントリーをはてなブックマークに追加
財布をわざと落として返ってくる確率【実験inダナン&ホイアン】

こんにちは!AIKOです!

 実はおっちょこちょいな私。
 東京で10回くらい財布や携帯を失くしたことがありました。
 さすが東京、全て返ってきました。
 
 実はダナンでもやっちゃいましたww
 財布を2度、携帯を1度無くしましたが、 全て戻ってきました(泣)
 財布は1度カフェのテーブルへ、 あと1度は路上に落としました。
 
 カフェの時は店員さんが保管してくれ、 路上の時は、目の前にある家のおじさんが保管してくれました(泣)
 お金もとられておらず(嬉)
 
 携帯はタクシーで失くしましたが、 タクシー会社に電話したら運転手がタクシー会社の事務所に届けてくれたそうです。
 私はただラッキーだっただけかもしれません。
 実際はW杯中に夜中にひったくりにあった日本人の友人もいます。
 全員が皆良い人とは限りませんが、 ダナンでは良い人ばかりに出会っている気がします。
 
 実際Youtubeで以下の実験をした人がいます。
 「社会実験 ダナン、ホイアンで財布を落とす」
 動画にもある通り、 ベトナム人の若者がダナンとホイアンで40個の財布をわざと落とし、近くで別カメラで観察してみました。

すると、多くの人が、 本人にすぐさま財布を落としたよ、と伝えるのです。

40個中、実に34個の財布が戻ってきました。
素晴らしいですね。
ただ、財布を落としたのはベトナム人の若者なので、 これが外国人だったら、
 良いスーツを着た大人だったら、 結果はどうなのか、気になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
山田 ハナコ フィナンシャルプランナー

AIKO

バブル崩壊後の経済停滞期“失われた20年”の、1990年6月4日に、青森県三戸町で生まれる。大学時代に訪れた母の祖国、フィリピンの経済成長に衝撃を受けたことをきっかけに、東南アジアに興味を持つようになる。大学時代、フィリピンでの不動産マーケティングを研究し、卒業後に日本の不動産を香港、台湾、シンガポールに販売する会社に勤務する。2015年、初めて訪れたベトナム・ダナンで、リゾート大国へ成長するポテンシャルを感じ、移住を決意。2018年3月、フランス人の夫と共にダナンへ移り住む。現在は、オフィスや住宅の建物・不動産管理、コンドミニアム売買仲介、海外企業の法人設立支援の会社に勤務している。

ページトップへ戻る