• facebook
  • twitter
  • line

TOPICS

トピックス

2020.1.7

山椒の小粒〈2020年〉


豊かな人生に必要なのは、心に響く箴言。一粒でもぴりりと辛い山椒の小粒のようにじわじわ効いてきます。
本コーナーでは、日替わりで「偉人たちの金言」をご紹介します。
●2018年はこちら
●2019年はこちら

1月21日(火)
「場所に届けるんじゃない。人に届けるんだ」
ヤマト運輸株式会社「クロネコヤマト」のキャッチコピー。

1月20日(月)
「資本主義に内在する短所は、幸福を不平等に分配することだ。社会主義に内在する長所は、不幸を平等に分配することである」 ウィンストン・チャーチル氏
1874年生まれ。イギリスの政治家。1940年から1945年にかけてイギリスの戦時内閣首相として、第二次世界大戦中のイギリスを勝利に導いた。

1月17日(金)
「一度怒られたくらいで、駄目になってしまうんじゃこっちが困る。怒られたら、次は30センチ近寄るくらいでやれ!と言いたい」 宮﨑駿氏
1941年生まれ。映画監督、アニメーター。1985年にスタジオジブリを設立し、「となりのトトロ」や「紅の豚」など次々とヒット作を制作した。

1月16日(木)
「作品には鮮烈な一言半句を求めるだけだ」 開高健氏
1930年生まれ。小説家。1958年に「裸の王様」で芥川賞を受賞。その後、「日本三文オペラ」「流亡記」など、次々に話題作を発表した。

1月15日(水)
「金持ちになりたい一心で出発しても成功しない。志はもっと大きく持つべきだ。ビジネスで成功する秘訣はごく平凡である」 ジョン・ロックフェラー氏
1839年生まれ。アメリカの実業家。スタンダード・オイル社を創業し、石油市場を独占。アメリカ人初の10億ドルを越える資産家となった。

1月14日(火)
「ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからだというのに」 トーマス・エディソン氏
1847年生まれ。アメリカの発明家。電話機や白熱電球など数多くの特許を取得した発明王として世界的に知られている。

1月10日(金)
「問いを投げる年もあれば、答える年もある」 ゾラ・ニール・ハーストン氏
1891年生まれ。アメリカ合衆国の作家、民俗学者。アフロ・アメリカンの民話や民謡(フォークロア)を集めてまわった。代表作に「彼らの目は神を見ていた」など。

1月9日(木)
「一日一日を、たっぷりと生きて行くより他は無い。明日のことを思い煩うな。明日は明日みずから思い煩わん。きょう一日を、よろこび、努め、人には優しくして暮したい」 太宰治氏
1909年生まれ。小説家。無頼派の作家として活動し、主な代表作に「走れメロス」「斜陽」「人間失格」など。自己破滅型の私小説作家と言われる。

1月8日(水)
「私の、このヘタな文字、つたない文章も、見てくれる人のおかげで書かせていただけるんです。『おかげさんで』でないものは、この世に一つもありません。みんな『おかげさんで』で成り立っているんです」 相田みつを氏
1924年生まれ。詩人、書家。独特の書体で書いた作品で知られる。代表作には詩集「にんげんだもの」など。

1月7日(火)
「今やっていることがどこかに繋がると信じてください。その点がどこかに繋がると信じていれば、他の人と違う道を歩いていても自信を持って歩き通せるからです」 スティーブ・ジョブズ氏
1955年生まれ。アメリカ合衆国の実業家。共同でアップル社を設立し、「i-Pod」や「i-Phone」を世に送り出す。

1月6日(月)
「新しい年には、小さなことでいいから、一つずつ自分に課してゆくものをつくり、守ってゆこう。それが『自分らしさ』というものをつくってゆく近道ではないだろうか」 渡辺和子氏
1927年生まれ。学校法人ノートルダム清心学園理事長。「置かれた場所で咲きなさい」は195万部を超える大ベストセラーに。

ページトップへ戻る