• facebook
  • twitter
  • line

BLOG

ブログ -ささき 三枝のブログ一覧-

ささき 三枝

ささき 三枝

ささき家のみなさーん、きっと人生これからじゃない?

おかんメール(2019年3月30日)

明日の朝、仕事が早いため 都内の友達の家に泊まるかもしれないと 母に連絡していたらメールがきて そっちかいっ!! 笑 相変わらず、おもろい。

ささき 三枝

ささき 三枝

ささき家のみなさーん、きっと人生これからじゃない?

親孝行なんて(2019年3月28日)

今日、電車に乗ってる時 ふと、思ったのだよぉ。 親孝行なんて 後悔するくらいが 丁度いいんじゃないかぁ!? 今、親孝行しているという感覚は あまりないけど まあ、親と一緒に暮らしてみて 思うことは 親の介護とか 老後のことや まあ、一般的な親孝行って やってもやっても もっとあーしてあげればよかった あんなこともしてあげられたのに とか 絶対、やってもやっても 満足なんてできないから。 それに あんなこともやってあげればよかったとか そういう風に思えてる人は 十分に親の事を考えてあげてる人 じゃないのかな。。。 なんて、自分を慰めるぅぅぅぅ。

ささき 三枝

ささき 三枝

ささき家のみなさーん、きっと人生これからじゃない?

幸せは自分で(2019年3月27日)

そろそろ認めなきゃダメかな もう認めちゃっていいかな。 父さんや母さんのこと これ以上は 幸せにできないかもしれないよ。 父さんや母さん自身の幸せのためには いくらだって手をかすし 手伝うつもりだよ。 でも 父さんや母さん自身の「幸せ」を わたしが作ることはできないんだよぉ。 私の「幸せ」だって 私自身でしか、作れないもん。 「幸せ」って「感じるもの」だから。 そういうことなんだよなぁ。 ガンバルンバって 最近は、明るく言えないぃぃぃぃ。  

ささき 三枝

ささき 三枝

ささき家のみなさーん、きっと人生これからじゃない?

父とは暮らせない(2019年3月26日)

もし、母が先に死んだら 父とは暮らせない。 果てしなく、果てしなく 勝手に不安を作りだし いつも孤独に苛まれている。 そんな人とは 暮らせない。 私は父と似ている。 だから、手に取るようにわかるよ。 だからこそ そんな父を見ていると たまらなくしんどい。 私は、不安を少しでも 希望に変えて 前に進んでいきたいだけだ。 それとも 私が勝手に父は「そういう人」って 決めつけてるだけなのか。 もう、どっちだっていいよ。 知らん。 内容、重っ 笑

ささき 三枝

ささき 三枝

ささき家のみなさーん、きっと人生これからじゃない?

また、風邪(2019年3月25日)

また風邪ひいた 今年に入って2回目だ。 もう、メンタル的に、限界なんだろうか。。。 そもそも人って 限界なんて、あるんだろうか。。。 限界って決めてるから そこを越えるとキャパオーバーってなるんじゃないか。。。 そもそも限界というものを 考えなくていい!!!! そこがなければ キャパオーバーもない!!! そうか!! そうなのか!!!!! から元気か!?笑 ガンバルンバ。。。

ささき 三枝

ささき 三枝

ささき家のみなさーん、きっと人生これからじゃない?

笑えない

このブログを始めたのは 私のただ単純なハケ口と 今のいろいろ不慣れで 大変な状況をおもしろおかしく書いて 笑ってやろう!! と思ったのがきっかけだ。 でも、最近 笑え、ない。。。。 電車に乗ってても 道を歩いていても ふと立ち止まっても 涙がいきなり吹き出てきちゃうもんだから 花粉がひどくなくても、マスクが手放せない 笑 その光景だけは、笑える 笑 笑ってやるって なかなかの訓練がいるもんだなぁと 思うわけさ。 改めて芸人さんって 尊敬するわ。。。 仕事とはいえ 不幸も笑いに変えてしまうって えらいことですぜ。 頑張るんば。

ささき 三枝

ささき 三枝

ささき家のみなさーん、きっと人生これからじゃない?

高齢者も

人って 誰かに頼られたり 誰かに必要とされたり それだけあれば 生きようと思うんでしょうね。 父は 私と同居することで 私から頼られたり 私から必要とされる そう思っていたんだろう。 でも、蓋を開けてみたら 自分は体が弱くなってきたし 頼られるどころか 娘にいろいろ手間をかけてしまったり と、落ち込んでいるんだと思う。 そんなことないよ 大変なこともあるけど 一緒に住めて楽しいこともあるし 助かってるよ といくら言っても 基本的に聞く耳持たず。 どうしたもんだかのー 私も毎日励ますわけにも いかないのだよ、父上。 どうしたもんだかルンバ。

ささき 三枝

ささき 三枝

ささき家のみなさーん、きっと人生これからじゃない?

家族はいらない?!

これからは 「家族」という概念が 邪魔になるのでは?! という感覚がひしひしと感じますわよ。 少々言い方が乱暴だけど 家族とか、夫婦とか、親子の問題って オープンになりづらいっしょ? やがて孤立へと繋がっていく。 私が親と同居したのも 結局は、二人が孤立していたからで。 (同居してもあまり変わらないけど 笑) これから高齢化が進み 少子化も激しくなり 人手不足も進む。 ロボットが進んできて そこをカバーできることも増えると思うけど 根本的には、家族以外の人たちと いかに関わっていけるか。 そこが変わっていかないと 苦しいよー。 オープンにならないなら そこの枠組みを取っ払ってしまえ〜!!!! と、頭では思っていても それを行動にしたり 形にするのは 難しいよな。 でも、意識するだけで違うはずぅ。 ガンバルンバ。

ささき 三枝

ささき 三枝

ささき家のみなさーん、きっと人生これからじゃない?

「わからない」も答えだよね

広島の実家を売って 現在、埼玉の賃貸で 仮住まいの状況である我が家族にとって これから、買うのかor賃貸のままでいくのか なかなか答えが出ないまま 11ヶ月目に入ろうとしている。 最近父は、家のことについて 話そうとしなくなった。 前は、どうしようかねーと 口に出していたのだか。。。 私は最近思ったのだけど 今は、こうしようというのがわからない その「わからない」というのも 一つの答えでいいのではないかなと。 答えを出さなきゃ こうすると決めなきゃ 今のままじゃ、ダメだ そう思い続けること 今がよくないと否定すること自体が 苦痛なんじゃないかな。 そこは潔く 「わからんけー」広島弁ねwww そういう答えを出して 今を楽しむことも、ありなのかもしれない。 ガンバルンバ。

ささき 三枝

ささき 三枝

ささき家のみなさーん、きっと人生これからじゃない?

そろそろ本当の自分に

最近、よく、同居の理由を聞かれることがある。 広島を引き払って 関東に引っ越してこようという話は ここ2、3年の話では、ない。 もう、10年くらいの話だ。 最初の頃は、親と同居なんて 120パーセント考えられなかった。 絶対、無理。 何が悲しくて 今さら親と住まなきゃいけないんだ。 そもそも実家が嫌で 東京に出てきたようなものなのに。 まあ、芝居に出会ったのも理由だけど。 拒み続けてきた時期が長かった。 ここ2、3年 母が体調を壊し始め 今、願いを叶えてあげなかったら かわいそうだし、自分も後悔しそう。 そして 同居を決めて、これでみんな幸せ よかった。 のはずだった。 でも、最近、本当にそうか? と思う。 違うんじゃないの? 私が同居を決意したのは 親のためなんかじゃない。 結局は 自分を正当化するため? 小さい頃のトラウマから 解放されたいから? 最近 本当の自分が見え隠れし始めてしまいましたわよ。 とほほ。。。 どうしようルンバ 笑

1 2 3
ページトップへ戻る